治験関連の薬剤師求人サイト

治験関連企業で働きたい薬剤師の方へ

中堅の薬剤師さんを中心に、治験関連企業への転職を果たす方が増えてきています。新薬の研究に不可欠な治験の業務にやりがいあがあるのはもちろんのこと、CRA(臨床開発モニター)やCRC(治験コーディネーター)として企業に勤務すれば土日休みになるのも一つの理由です。

薬剤師資格を活かせるとはいえ、初めての業務内容に不安をお持ちの方もいるとは思いますが、薬剤師転職サイトを活用することでサポート&フォローアップをしてもらえるので、安心して転職を果たすことができます!

現在、治験の現場では薬剤師資格保有者のニーズが非常に高まっております。この機会を活かして、理想の転職を叶えましょう!

薬剤師の治験関連の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



マイナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



エムスリーキャリア 無料 ★★★★ 全国 詳細



ヤクステ 無料 ★★★★ 全国 詳細



ファルマスタッフ 無料 ★★★★ 全国 詳細



治験関連の企業に転職する薬剤師が増えている理由は?!

治験とは、開発された新薬が実用に耐えられるものかどうか、医療現場や一般市場に流通しても大丈夫かどうかを評価するための仕事です。近年この分野に薬剤師が進出するケースがとても多くなっているのですが、理由のひとつとしては治験関連の現場が薬剤師の資格を有した人材を欲しているということが挙げられます。CROなど実際に治験に取り組むポジションにつく場合、行わなければいけないことは治験スケジュールの調整だけではなく、しっかりと予定が進んでいるかどうかのモニタリング、さらにはデータの収集、そしてデータの解析と評価になります。重要なことはその新薬が期待通りの効果を発揮することができたかどうか評価する点にありますし、そのためには薬剤師の資格が必要だという意識が治験業界全体で高まっているのです。

また、大学などで薬剤師の資格を取得するために必要な期間が4年から6年に拡充されたことも関係しています。2年長くなったことで、学ぶことがさらに拡大し、薬剤師が担うべき役割が医療界全体の中でも比重が大きくなってきていることが要因としては大きく挙げられます。医療は基本的に分業です。診察、治療を行う医師と、実際に薬品を調合して処方する薬剤師は医療を支える両輪ですが、多岐に渡って発展を続ける薬学の分野において、4年ではまかないきれない内容を今後取り扱うことになる、ということが見込まれています。薬剤に関しての事柄が、それだけ専門性が増しているということでもあります。ですから、薬品に関しての業務は専門的な資格を有した薬剤師が取り扱うべきだという意向が強くなってきているため、治験現場では薬剤師が求められるようになったのです。

今後薬剤師の資格を持った方が活躍するフィールドはさら拡大していくと想定されていますが、そのなかでも治験業界は医療の発展そのものに関係する重要なポジションです。高い志を持つ薬剤師の方も多くなって来ていますし、これまで一般的には薬局で薬の説明をしてくれる人、薬の調合をしている人というイメージが強かったのですが、そのようなイメージも変わっていくことが予想されます。

医療の発展のためには、医師と薬剤師がしっかりと同じだけの責任で、それぞれより高い専門性を発揮することが重要とされていますので、この治験業界で期待される薬剤師の役割はとても重くなってきています。より複雑化する医療の中で、今後は分業がさらに明確になり、治験における薬剤師にかかる期待も大きくなっています。


Copyright (C) 2014 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.