治験関連で転職した後のキャリアプランについて

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> 治験関連で転職した後のキャリアプランについて

治験関連で転職した後のキャリアプランについて

薬剤師の転職先として人気を集めているCRAやCRCと呼ばれる治験関連業務がありますが、最近はその転職求人数も一時に比べると減少傾向にあります。希望の治験関連業務に転職することができてもそれで満足することなく、キャリアアップを目指してみましょう。

製薬会社や医療機器メーカーのCRA(臨床開発モニター)として働く場合、基本的には実力主義、成果主義と考える必要があります。もし外資系企業へ転職する場合なら、特にそういえます。転職しても、仕事が出来なければ給料も上がりませんし、最悪の場合は解雇になる場合もあります。勤務年数に比例する能力や経験を積むことでキャリアアップの道を開くことができます。

業務内容は企業や病院などで行われる臨床試験がスムーズに行われるかをモニタリングし様々なチェック項目を確認していくことになります。実際には臨床試験全体を監督しモニタリングすることにもなるので、数をこなすことで幅広く専門性の高いスキルを身に着けることができます。あらゆる経験を積み、プロジェクトリーダーとして臨床試験を監督するならば年収800万円程度も十分可能です。企業によっては年収1000万円も目指すことができます。

キャリアアップを目指すのであれば、最新の薬学知識を遅れずに取り入れ続けることが必要です。向上心を持って忙しい中でも医療に関する勉強を続けることが大切です。そのために求められるのが英語力です。発表される論文のほとんどは英語です。また国際共同治験の経験がどれ程あるかもキャリアプランに大きくかかわります。そのため高い英語力を身に着けておくことが、転職後のキャリアプランには重要です。

またCRAとして経験を積むことで、CROから製薬会社や医療機器メーカーに転職することや、CRA以外のキャリアに挑戦してみることもできます。CRAは基本的に出張が多く残業時間なども多い傾向にあります。QC(品質管理)やDM(データマネジメント)などのデスクワーク中心の部署への異動、転職も可能になります。各地の病院を飛び回り、勤務時間も長い業務を考えると、他の部署への転職や異動を考える薬剤師もいるかもしれません。

病院薬剤師や薬局で勤務する薬剤師の場合、1年間で数十万円収入がアップすることは珍しい事です。しかし治験関連業務に携わるならば、それも可能です。仕事ができればできる程、評価されるのは大きなやりがいにつながることがあります。キャリアアップすることでさらに仕事から充実感が得られます。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.