薬剤師から臨床開発モニター(CRA)へ転職するには

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> 薬剤師から臨床開発モニター(CRA)へ転職するには

薬剤師から臨床開発モニター(CRA)へ転職するには

CRA、臨床開発モニターは、治験コーディネーターよりも少し上流の仕事を取り扱う役割を担う仕事です。治験の実施が決まってから、実際にどの医療機関で治験を行うのかというところから、医療機関の適正評価を行います。さらにはどの医師に治験責任医師になってもらうか、などの検討も行います。新薬がそこにあって、前提としている効果に対して適した症例を選定するところから、仕事がスタートします。さらには治験を行う旨の契約手続きも行います。その際には治験計画書に対してその医療機関に了承してもらう段取りも必要です。

治験を行うまでの準備を担う仕事、と捉えてもほぼ差し障りありません。その際に薬剤師のスキルとして有益なのはやはり専門性です。現代の医療は分業制で、実際に診察や治療の方針を決める医師と、その処方に対して実際に調剤する薬剤師の両輪が、治療を支えています。薬剤師としてCRAの仕事に取り組む場合、症例に対して新しいアプローチが可能だと医師に対して提案することに等しく、専門的な見地が役に立ちます。また、そのように専門的な知識を持ったCRAからコンタクトを取ることで、治験現場の候補にしている医療機関からの信頼も厚くなるという利点があり、CRAの求人においても薬剤師が求められていることが多いです。

仕事の特徴としては、事務的な手続き、組織対組織の交渉を担うということになるため、ビジネスとしての交渉能力も必要になります。それまでの薬剤師のキャリアの中でそのような仕事を行ってこなかった場合は、少しその点で戸惑ってしまったり不安に感じたりすることもあるかもしれませんが、治験の交渉自体は医療機関にとってもいつものことですし、より効果的に治療ができる新薬を導入することができるのはメリットでもありますので、構えなくても交渉は自然に進むようになっています。

さらに大切なのは治験をモニタリングする仕事です。安全に治験が行われているかどうか、検証に際して有効なデータがしっかりと得られているかどうかという点をきちんとモニタリングする必要があります。この部分においても薬剤師としてのキャリア、知識が意味を成します。その新薬に対して正確な理解を持っていれば、治験の際の反応などに対してもある程度予測出来ているはずで、実際の計測データとその想定があまりにも違った場合、データがおかしいのではないか、と疑うことができます。大切なのは正確なデータを収集することでもあるので、その点でも薬剤師の知見が求められているのです。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.