CRC(治験コーディネーター)とCRA(臨床開発モニター)の違いを知ろう

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> CRCとCRAの違い

CRC(治験コーディネーター)とCRA(臨床開発モニター)

薬剤師が活躍している職業にCRAやCRCがあります。これらの職業は治験や臨床試験に関わる仕事であるために、時折混同され違いがはっきりしないと感じる薬剤師も多いようです。2つの職業の違いをしっかりと知っておくことで、転職時にも自分の能力や希望に合った職業を選ぶことができます。

CRAもCRCも新薬が問題なく患者さんに投薬することができるかを確認ための治験や臨床試験に関わる仕事です。しかし業務内容、労働環境、収入など大きな違いがあります。

CRAとは臨床開発モニターと呼ばれ、治験を病院に依頼する製薬会社をサポートする仕事が中心になります。治験や臨床試験が行われている病院を巡回し、適正に問題なく行われているかをチェックします。その後、報告書の作成や記録保存も適正に保存されているかを確認することも重要な業務の一つです。勤務地としては東京や大阪など大都市圏にある病院を巡回することになります。残業時間も多く業務内容は多忙ですが、それに比例して収入も高い水準を維持しています。平均年収は約600万円、管理職などに就くと年収1000万円以上も可能です。

治験コーディネーターと呼ばれるCRCは、治験を行う病院側をサポートする職業になります。病院で働く医療関係者と協力して、治験がスムーズに行われるようにコーディネートします。業務には治験に参加する患者さんのスケジュール管理やデータ取得が正しくできるように病院スタッフをサポートすることも含まれます。CRAとは異なり、CRCは病院などに属する場合もあります。平均年収は約500万円前後が相場です。CRAに比べると残業時間などは少ないため、年収も若干少なくなります。

CRAとして働くことを希望する場合、常に最新の医療事情に精通し医療従事者やCRCからの信頼を勝ち得る必要があります。そのためには英語の論文などを読み情報収集を続ける必要があります。そのため高い英語力が求められます。CRCで働く場合にはそれほど英語を必要とされる訳ではありませんが、話せると重宝されます。患者さんと接する機会も多いので、コミュニケーション能力を身に着けておくことで効果的に仕事をこなすことができます。

キャリアアップや年収アップを考えている薬剤師はCRAを希望する傾向にあります。また業務内容も単調な作業だけではないため、魅力的に感じられるようです。CRA、CRCどちらで働くとしても医学や薬学の専門知識だけではなく仕事のフットワークの軽さや、協調性が求められる職業です。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.