薬剤師から治験コーディネーター(CRC)へ転職するには

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> 薬剤師から治験コーディネーター(CRC)へ転職するには

薬剤師から治験コーディネーター(CRC)へ転職するには

治験コーディネーターは、新薬を実際の患者の方の治療に役立てる治験そのものを円滑に遂行する仕事です。実際に患者の方に触れ合うことになりますし、主治医との連携も必要です。治験コーディネーター、CRCに求められるのは調整する能力です。それは患者の方、そのご家族の方、治療に当たる病院側、さらには新薬を開発した製薬会社との調整ということです。特に患者の方に対してはまだ一般に流通していない新薬です、とだけ伝えたのでは不安を増長するだけになってしまいますから、しっかりとその新薬の有効性、有用性、安全性を説明する必要があります。

治験コーディネーターへは看護師などから転身するケースも多くあります。重視されているのは患者の方に対するケアです。薬剤師の資格と経験を活かすのであれば、やはりそれは深い薬学の知識を活かすということになります。一般の方に対して、治療に用いる薬剤の正確な説明ができるという点が、一番治験コーディネーとして活かせる部分であり、またそれが求められている部分でもあります。専門的な薬学の知識があるため、治療に際して主治医と話し合うこともあります。

治験コーディネーターとして大切な要素として、臨床経験が問われるということが多かったのですが、近年では病院自体がCRCを募集している場合も多く、薬剤師としてのキャリアさえあればスムーズにステップアップできることも多いです。病院現場で働いたことがなく、一般薬局での仕事しか経験していない場合でも、総合門前などで処方箋応需に対応していた場合は病院の治療に対して身近な感覚を持っているわけですし、実際に診察を受けた患者の方と多く触れ合ってきているはずです。それらの経験は必ず活かせます。

ポイントはその新薬がどのような作用をもたらすもので、治験対象の患者の方に投与するとどのような変化が起きるのかを理解したうえで、それをしっかり説明して安心してもらうことです。コミュニケーション主体の仕事ですので、そのようなことに不安がないようであれば、治験コーディネーターとしてのキャリアをスタートさせることは容易です。臨床経験よりも、正しい薬学の知識、正しい効果の説明が求められるようになっていますので、そのような責任をしっかりと果たす意志を持った方であればこの仕事は適しています。臨床経験の有無よりも、薬剤師としての本分が問われるような状況に変わりつつありますので、薬学に対しての根本的な知識を改めて振り返ってみてください。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.