CROの臨床開発モニター(CRA)求人

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> CROの臨床開発モニター(CRA)求人

CROの臨床開発モニター(CRA)求人

CROは製薬会社の治験をサポートする役割を担う機関です。ビジネスとしての相手は製薬会社、臨床開発モニターが担う責任としては、新薬を治験するための医療機関の評価と選定、そして実際に治験がスタートできるようにするための手続きです。この手続きの相手になるのは医療機関そのものです。新薬の意図と目的をしっかりと伝えて、しっかりとデータが収集できるような体制で治験が実施できるように、調整することが仕事になります。

この仕事において重要になるのが、大前提としてその新薬に対しての理解になります。製薬会社が開発した新しい薬剤が、どのような効果をもたらすものなのかを充分に把握して、医療機関に対してそれを説明できなければいけないため、薬剤への知識が大前提になることが多いポジションです。すでに稼働しているCROでは、複数の製薬会社、そして医療機関とのルートがすでに揃っているため、新たなルートを開拓するような仕事はほとんどありません。取り引き先の製薬会社から持ち込まれた新薬をまずは正確に把握して、治験でどのようなデータが必要なのかをしっかりと理解することが一番大切です。

そのため、CROでは薬剤師の求人がとても多いです。製薬会社と医療機関、実際の治療現場を繋ぐ架け橋として、臨床開発モニターが存在しています。製薬会社から新薬の説明を受けたときにそれを受け取る情報以上に理解することが必要ですし、その情報を基にどのような医療機関を選定するのかをきちんと想定できる応用力が求められます。薬剤師として有効なキャリアとしては、DIや学術業務です。このような業務経験がある方は、新しい情報に対しての理解度が高く、情報を整理する能力もあるため、とても重宝されます。

CROの求人情報に関しては、薬剤師を専門としている人材サービス、転職エージェントサービスに求人情報が流れるケースがとても多く、公開、非公開問わず求人が多い状態にあります。複数の製薬会社の最新製品に関して触れることができる仕事で、次世代の治療薬を開拓する仕事でもあるため、薬剤師としてはとても有意義な仕事であることは間違いありません。CROによっては治験の経験がない方でも安心できるほどの研修を行っている場合も多いので、未経験であってもそのような就労先を見つけることができればまったく問題ありません。まずはどのようなCROが募集を出しているのか、情報収集を行う意味でも転職サービスに登録することをオススメします。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.