院内CRCの求人

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> 院内CRCの求人

院内CRCの求人

病院の中でCRC、治験コーディネーターの部門を設けるケースも増えています。そのようなケースでは何が利点なのかというと、病院の一部署、一員として働いているので、その施設、設備に関してや医師をはじめとしたスタッフのことや、患者の状況などをしっかりと把握できるということが挙げられます。スムーズに治験に応需するためには、外部のSMOに任せるよりも病院内でしっかりと握っていた方がいいと考えるケースは、大規模な病院を始めとして増えています。院内の治験コーディネーターに関しては、そのまま看護部門から異動した人材が担当したり、部門の中に専任の薬剤師をつけたりなど、病院によって体制が若干変わることにはなるものの、行うことは基本的なCRCと大きく変わりません。

病院が抱えるCRC部門を希望する場合、ルートはいくつか考えられますが、そのなかでも一番確実性が高いのは、まずはその病院の薬剤師として働きはじめるというものです。これはとにかくその病院内で職を得て、異動を狙うという方法です。ケースとしてはこちらの方がスムーズに希望するキャリアを進むことができる可能性が高く、まずは院内での人間関係もしっかりと構築し、どのような患者の方がいるのか、治療方針はどのようなものなのか、事前に把握してからCRCとして活躍するという流れです。治験コーディネーターの仕事の中でもっとも重要なコミュニケーションの部分において、この流れを踏めばコミュニケーションをとるための相手との距離が近くなっているため、比較的楽に責任を果たすことができるようになります。

もちろん、病院内のCRC部門が直接薬剤師を募集しているケースもあります。他部門の薬剤師を異動する余裕がなく、専門で新たに登用する必要がある場合は、CRC専任として臨むことができます。この際にCRCとしての経験があるようであればさらに重宝されますが、薬剤師としてのキャリアが重視される場合もありますので、そのような場合には治験コーディネーター未経験でもOKである場合もあります。病院によって求めている部分が少しずつ違うので、自身のキャリアが活かせる環境を見つけるということはとても大切になります。

どのような病院が自身キャリアに合っているのかということを判断するのは、個人ではなかなか難しいので、転職エージェントなどに相談してみるのも有効です。業界の最新状況を掴んでいる転職エージェントであれば、職の探し方のポイントや案件の紹介を行ってくれるため、転職活動の大きな力になります。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.