薬剤師がCRCやCRAとして転職するメリット・デメリット

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> 薬剤師がCRCやCRAとして転職するメリット・デメリット

薬剤師がCRCやCRAとして転職するメリット・デメリット

薬剤師が働ける職場は調剤業務などを行う病院や薬局だけに限られている訳ではありません。臨床開発モニターと呼ばれるCRAや治験コーディネーターのCRCとして働く機会もあります。これらの業種に就く薬剤師は新薬開発に関わる機会が多いですが、実際に自分で調剤業務や服薬指導などを行うことはほとんどありません。

CRAとして働く薬剤師は製薬会社などに勤務することが多く、治験や臨床試験を行う病院などを巡回して試験がスムーズに問題なく行われているかを検証し確認することが主な業務です。一方のCRCの職に就く薬剤師は病院のサポートを行います。被験者スケジュール管理やデータ収集、病院側製薬会社、被験者の調整をするのが業務内容になります。

薬剤師がCRAやCRCを目指す理由の一つとして、新薬開発に関わることができることがあります。薬剤師であれば誰もが一度は憧れる新薬の研究開発ですが、実際にはその職に就くことができる薬剤師はほんの一握りです。しかしCRAやCRCが携わる治験や臨床試験では新薬の開発に関わる機会があるため、その一端を担うことができるのです。仕事からやりがいや充実感を感じている薬剤師が多いのもこの職業の魅力です。

また薬剤師の中では年収が高い場合が多いのもメリットの一つです。薬剤師の平均年収は約500万円程度です。治験や臨床試験にCRAとして関わる薬剤師の平均年収は約600万円と100万円程度高いのが現状です。頑張り次第ではさらに年収を上げることもでき、管理職などに昇進することで年収1,000万円も夢ではありません。調剤業務などをメインに行う病院薬剤師、薬局薬剤師と比べると非常に高いレベルといえます。CRCの場合は薬剤師とほぼ同額になります。

新薬開発に携わることはやりがいにもつながりますが、逆を言うと常に勉強を続けなければいけません。とりわけ最新の医療情報や論文発表などは英語であることが多いため、英語の読解力なども要求されます。最新の医療知識についていかなければ、医師や看護師などの医療従事者から信頼を得ることもできません。通常の仕事も地方病院への出張などが多いため、治験や臨床試験に関わる薬剤師の生活は非常に忙しくハードになります。

CRAやCRCの初任給は低い場合が多いですが、企業によっては成果主義をとり、仕事をこなせる薬剤師であれば収入もかなり上げることができます。自分の実力を試したいと考える薬剤師や、企業薬剤師として働きたい方にはおすすめの職業です。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.