CRCやCRAに向いている薬剤師はどんな人?

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> CRCやCRAに向いている薬剤師はどんな人?

CRCやCRAに向いている薬剤師はどんな人?

収入の良さや福利厚生が充実していることなどから、治験関連業務に関わる業種への転職を希望する薬剤師が多くいます。治験関連業務に関わる薬剤師はCRA(臨床開発モニター)やCRC(治験コーディネーター)と呼ばれ、病院や調剤薬局などで働く薬剤師とは異なった業務に就くことになります。

主な業務としては、治験が滞りなく行われているかをモニタリングすることや、治験終了後のデータ収集をして新薬開発に関わります。また被験者のスケジュール管理、相談相手になることもあります。他にもCRA、CRCの業務内容は多岐に渡りますが、本来の薬剤師の仕事である調剤・製剤業務、服薬指導などに関わることはほとんどありません。

そのため、患者さんと関わることや自分で薬を調剤・製剤する業務から仕事のやりがいを感じている薬剤師にとって治験関連業務は向いていない傾向があります。特にCRAとして働くならば製薬会社などの企業に勤めるため、薬剤師としての仕事の側面よりもサラリーマンとして働いている側面の方が多いかもしれません。

ではどの様な薬剤師が向いているでしょうか。まず医学、薬学に関する最新の知識を常に更新し続けることが求められます。向上心があり、勉強をこつこつできることが大切です。特に最新の医療情報や発表される論文は英語であることが多いため、英語を使う頻度も高くなります。

また地方への出張や残業時間なども多いため、心身ともに強靭である薬剤師が向いています。治験を行う病院が地方にある場合も多いため、全国各地へ飛び回ることもあります。またCRCであれば、臨床試験の際には医師や看護師たち、被験者とも物怖じすることなくコミュニケーションをとる必要があるため、メンタル面でも強いことが好まれます。

上述したように、治験関連業務に関わる薬剤師の仕事は多岐に渡るため仕事のフットワークが軽く、誰とでも上手にコミュニケーションをとることができる協調性のあることが必要です。また自分の仕事を広い視野でもることも大切です。新薬開発と聞くと薬剤師の憧れの部署に聞こえますが、実際の業務内容はデスクワークや医師や被験者とのやり取りと、新薬開発と関係が無いように思える業務がほとんどです。しかしそうしたCRA、CRCの仕事の努力があることで最終的に新薬が患者さんに投薬可能になります。自分の仕事だけを見てしまうとやりがいを失ってしまいますが、新薬開発までの全体的な流れを見ると非常に重要な仕事であることがわかります。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.