製薬会社の臨床開発モニター(CRA)求人

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> 製薬会社の臨床開発モニター(CRA)求人

製薬会社の臨床開発モニター(CRA)求人

製薬会社が自ら治験の調整を行うため、臨床開発モニターを自社で抱える場合が増えています。多くのケースでは新薬を臨床試験したい製薬会社と、医療機関を繋ぐのはSMOの領域なのですが、製薬会社自らSMOの動きを取ることで、より開発意図に合致した治験先を選ぶことができるようになるからです。CSR、臨床開発モニターとは、新薬に対して適切な医療機関・症例を見つけ、実際に治験活動ができるように調整するための役割を担う人のことを指します。

製薬会社に所属した臨床開発モニターの場合、取り扱うのは自社の新製品ということになります。その開発には明確な意図があるはずで、それをしっかりと理解する必要があります。SMOを介する場合、まずはSMOがしっかりとその新薬のことを理解することが必要になるのですが、製薬会社が独自にCRA部門を抱えることで新薬への理解がスムーズに行えるため、治験開始までの時間も短縮できるということに繋がっています。さらには自社が求める症例に対してより具体的に把握できるため、治験先選定も意図がずれるということが起こりにくくなり、本当に求める治験のデータを得ることができるようになります。

製薬会社の部門であるため、薬剤師として応募しやすいポジションでもあり、就労までの道のりが比較的容易であることがポイントです。薬剤師が集う環境でもあるため、薬剤師としての基本的な能力、知見は平均的に高いレベルにあり、職業人としてもより自身の能力を磨くことができる環境でもありますし、それに裏打ちされた確かな交渉力、調整力が求められます。もちろん、実際に治験がスタートした場合はその推移をきちんとモニタリングすること、データをしっかりと収集し、意図した通りに進んでいるかどうかを確認することも求められます。

このケースでは製薬会社への就職という形になります。そのため、ルートとしてはまずは違う部門へ就労し、異動のチャンスを狙うというものもあります。その製薬会社でどのような薬剤を取り扱っているのかということを明確に見定めて、社風などを理解したうえで、しっかりと会社が意図するCRAとしての役割を担うため、ポジションに就いてからが非常にスムーズです。製薬会社の場合は求人情報を転職サービスや転職エージェントサービスに預けている場合が多いので、まずはそのような一般的には非公開の情報を収集するというところからはじめるのはとても有効な求職活動になります。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.