治験における薬剤師の役割

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> 治験における薬剤師の役割

治験における薬剤師の役割

治験自体は、薬剤師の資格がなくても進めることができます。実際に治験コーディネーターとして仕事に関わる方は看護師からの転身である方もとても多いです。薬剤師をベースしたコーディネーターと、看護師をベースにしたコーディネーターでの違いは、その治験内容に関しての評価という点で大きく違います。看護師としての経験を持つ治験コーディネーターに求められているのは患者の方との綿密なコミュニケーションです。その治験の趣旨をしっかりと理解してもらうこと、患者の方の不安をしっかりと払拭できること、さらには病院という環境に対して馴れていることも重要視されます。

対して薬剤師をベースとした治験の仕事では、治験の効果そのものに対しての判断、評価がメインになります。また他の投薬との組み合わせに対して副作用の懸念がないかどうかなど、より専門的な視点が求められます。製薬会社や実際にその患者の方を担当している主治医に対しての解析結果のフィードバックもより専門的になりますし、専門的であればあるほど、それに対しての即応性が高くなります。主治医から追加の投薬の相談を受けたり、効果に対しての意見を求められたりする局面もあります。

治験においてもっとも重要なことは、実際に患者の方の治療を進めるという点です。治療の中に組み込むわけですから、実験したけれどダメだった、ということでは済まされないわけです。より複雑なケースであればあるほど、薬剤師としての専門的な見地が求められることになります。治験のフィールドにおいては、ただ資格があるということだけではなく、それを応用して的確な判断や評価ができることが、薬剤師に課せられている役割だと認識する必要があります。新薬の評価ですから、想定していない事態が起こる可能性もあります。そのような事態に専門的な観点から意見を述べることも期待されています。

薬剤師ベースであれば、治験の仕事において患者の方に対するコミュニケーションをまったく欠いていいというわけではありません。一般的な薬局で日々行われているような理解を得るための説明スキルも必要とされます。そのようなコミュニケーションにおいても、専門資格を有していることが安心感に繋がることも考えられます。薬剤師の方が言うのであれば大丈夫だ、ということにも繋がります。治験における薬剤師の役割は今後さらに拡大していくことが予想され、さらにやりがいが増していくことが想定されています。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.