治験関連企業の薬剤師の平均年収

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> 治験関連企業の薬剤師の平均年収

治験関連企業の薬剤師の平均年収

治験関連の薬剤師の平均的な年収は400万円から600万円といったところです。経験がなくても400万円ほどの年収からスタートできるようなケースが多いですから、他業種と比較するとやはり治験業界は条件的にみても優遇されている部類に入ります。治験コーディネーターとしての求人の場合、薬剤師資格を持つ方であれば登用される可能性が高いです。これが看護系の方であれば、病院での実務経験を問われることが多く、看護経験を重ねなければなかなか就労することが難しいという状況もあるようです。

治験業務で取り扱うものは基本的に薬品ですので、患者の方とのコミュニケーション経験がない看護系の人材よりも、現場経験はなくても薬学の知識に長けた薬剤師の方では少し条件が変わってしまうのは、必然ともいえます。年収にも直結するような有利な経歴としては、DIや学術業務の経験です。最新の薬品動向を追いかけるのが仕事だった方であれば治験業務に関して即戦力になり得ますので、最初から好条件の提示が期待できます。薬剤師として、治験現場において求められている部分を強みにできる方が、収入面においても有利な条件を確保することができています。資格に裏打ちされたしっかりとした薬学の知識、それを元に治験結果を評価することができるなど、この仕事で求められていることは明確ですので、それを印象付けられるような面接対策などが年収アップのコツです。

それでは一般薬局での仕事しか行ったことがない方は好条件を得ることができないのかというと、そういうわけではありません。薬剤師として重ねてきたキャリアが無駄になるようなことは稀で、それまでしっかりとある程度年収を得るまでにキャリアを重ねていたのであれば、その金額はしっかりと加味されます。急激に収入が減ってしまうようなことはほとんどありません。現場では薬剤師資格を持つ人材を求めていて、他のフィールドよりも不利になるような条件を、薬剤師対して提示するようなことは少なくなっているのが現状だからです。

年収面でも、内定の得やすさでも、治験業界に対して薬剤師はとても有利な状況です。国家資格を有しているというアドバンテージは、今後ますます増していくことが予測され、治験関連企業間での人材の奪い合いも起こる可能性があります。より良い条件の求人元を選ぶためにも、転職サービスへの登録や転職エージェントの利用は有効になります。なるべく多くの情報を得るようにすると求職活動を有利に運ぶことも可能です。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.