治験関連業務は薬剤師資格をどう活かせる?

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> 治験関連業務は薬剤師資格をどう活かせる?

治験関連業務は薬剤師資格をどう活かせる?

治験や臨床試験に関わる仕事の中でCRAやCRCと呼ばれる職業があります。これらの職業に就く場合に必ずしも薬剤師の資格が必要であるわけではありません。実際に、看護師やMR職、臨床検査技師もCRA、CRCとして多く活躍しています。

病院や薬局で働く場合、薬剤師としての国家資格を取得していることが必須になります。調剤業務や服薬指導、薬歴管理などは薬学に関する専門的な知識がなければできないからです。

治験関連業務では、主に新薬の開発に携わることになります。CRAと呼ばれている臨床開発モニターは製薬会社に勤務することになります。企業が開発した新薬を病院で治験、臨床試験を行う際に実施状況や進捗状況を監督し、試験がスムーズに行われているかをチェックします。治験終了後は新薬を実際に販売するために必要とされる、あらゆるデータ収集や効能、副作用情報収集に関わります。

業務内容として病院や薬局薬剤師のように調剤業務がある訳でもありませんし、患者さんと直接関わって新薬に関する説明をすることもありません。デスクワークの割合が高く、パソコンに向かうことが多くなります。しかし、カルテを読むことや、薬学に関する専門的知識がある事が望ましく、実際の医療現場においても医師や看護師などとのコミュニケーションが求められます。こうした点を含めて考えると、薬剤師資格を取得している方が有利に転職することができる職場といえます。

通常の調剤業務などを行う薬剤師には正確さや几帳面さが求められます。小さなミス一つが患者さんの命に関わることもあるからです。こうした薬剤師の特性もCRAなどの治験関連業務に転職する際には有利になります。CRAは新薬に関するモニタリングを行い細かな項目をチェックすることになります。膨大なデータから情報収集していくのも、正確さや几帳面さが必要です。

また薬剤師であれば患者さんや医師たちとの円滑なコミュニケーション能力を取ることにも慣れています。CRCとして働く場合は、病院側のサポートにまわり、被験者のスケジュール管理なども任されます。病院、被験者、企業の3者間がスムーズに臨床試験に臨むことができるようにコーディネートすることになります。薬剤師として培った高いコミュニケーション能力を十分に発揮することができます。

このように、薬剤師が必須資格ではないものの、薬剤師として培った知識や能力などは治験関連業務の際に非常に有利になります。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.