SMOの治験コーディネーター(CRC)求人

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> SMOの治験コーディネーター(CRC)求人

SMOの治験コーディネーター(CRC)求人

SMOの治験コーディネーターとCROのCRAの違いは、製薬メーカー側のサポートを行うか、医療機関側のサポートを行うか、という違いです。SMOは治験を行う医療機関をサポートします。SMOのCRC、つまり治験コーディネーターは、実際に医療機関において服薬指導や医師のサポート、製薬メーカーとの調整などを行う仕事になります。治験データのモニタリングなどはCRO側のCRAが行うことになるため、SMOではより医師や患者の方に近い仕事を行います。薬剤師として活きる素養は、やはりその豊富な薬学知識です。薬局などでの業務経験がある場合、服薬指導などの経験が活きてくることになります。

実際の治療に関わることになるため、患者の方に対して的確な説明や、病状について主治医と相談する機会もあります。薬剤師からSMOのCRCに転身する場合、もっとも重宝されるのは医療現場で活きる薬学知識です。総合門前などでの勤務経験や、あるいは病院内薬剤師としての経験がある方であればスムーズにキャリアチェンジすることができる仕事になります。重要なのはその知識で良し悪しを判断することではなくて、それを正確に、さらにわかりやすく患者の方やご家族の方に説明するということです。理解を得て、安心してもらうことが大前提になります。

SMOに所属するCRCの責任範囲としては、治験がスムーズに進行するサポートをただ行うだけではなく、治験の対象になっている患者の方に対してのサポートも含まれます。その大部分は精神的な安心を得ることであり、新薬の実験ですよ、とだけ告げるのでは全然足りません。その新薬がどのようなもので、身体がどのような反応を起こすのか、という点までしっかりと理解を得ることが大切です。そのようなことのためにも、薬局などでの勤務経験は意味があります。服薬指導の経験が、CRCでも役に立つのです。

治験コーディネーター自体は患者の方やそのご家族の方、さらには主治医とコミュニケーションをとることが多い仕事ではあるので、看護師などから転身する場合もあります。その場合に長けているのはコミュニケーション能力なので、薬剤師からの転身の場合、その部分について補強することで、専門知識がある分、より優れた治験コーディネーターとして活躍することができます。本当の信頼は、正確な知識によって得られるものですので、SMOでは薬剤師資格を持った方をCRCとして登用する動きが増えてきています。もともとコミュニケーション力に自信がある方は、すんなりとCRCにキャリアチェンジできます。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.