治験関連業務で給料・待遇が良いのはどこ?

治験関連求人TOP >> 求人一覧 >> 治験関連業務で給料・待遇が良いのはどこ?

治験関連業務で給料・待遇が良いのはどこ?

薬剤師の平均年収は約500万円前後でこの数年は推移しています。そのため、年収アップを考えてCRAやCRCに転職を考える薬剤師も少なくありません。治験関連業務に関わる薬剤師の年収は病院や薬局で勤務する薬剤師よりも上回る傾向にあります。

転職するのであれば少しでも収入が良い企業や病院で働きたいものです。基本的にCRA(臨床開発モニター)として働く方がCRC(治験コーディネーター)よりも年収約100万円程度高い傾向にあります。これにはCRAの業務内容の方がよりハードな一面があるということを覚えておくことが必要です。

収入や待遇が良いとされる治験関連業務ですが、未経験で転職した場合、初年度の年収は約300万円から400万円程度です。経験者で転職する場合は年収約400万円から500万円と薬剤師の平均年収と同程度になります。しかし仕事を覚えていき、会社の戦力となっていくにしたがって年収は大幅に上がることもあります。年功序列というよりも成果主義の傾向がある企業であれば、数年でかなりの年収アップも夢ではありません。

CRC(治験コーディネーター)として働く場合、病院に直接雇用される院内CRCになるか、企業に所属し医療機関に派遣されるかによって収入や待遇は大きく異なります。結論から言うと、企業から派遣されるCRCの方が収入面では有利ですが出張が多く、仕事量や残業も多くなります。院内CRCとして働く場合は、高収入や短期間での年収アップは望めませんが、週休2日制や有給休暇が取得しやすいなどの福利厚生の面が優れています。

CRA(臨床開発モニター)の場合は、様々な要素を加味して収入や待遇が変化します。臨床経験年数や社会人としての年数、年齢、希望勤務地などです。またCRCとは異なり英語力が必要となるケースも多くあります。新薬に関する最新の理解や知識を常に持っていることで、医療従事者やCRCとの良い信頼関係を築くことができます。最新の医療情報や理解、論文などは英語で発表されることが多いため英語の読解力や理解力が求められます。

治験関連業務に転職を希望する薬剤師の場合、パートや派遣薬剤師として働くことはなかなか難しいのが現状です。長期間フルタイムで働くことが求められます。また企業で働くことで年収や待遇面では好条件を得ることができますが、出張が多い事や残業時間も増えることを覚悟する必要があります。CRAやCRCという資格はありませんが、薬学に関わる業務内容が多いため、薬剤師としての経験を活かせる業種の一つです。


Copyright (C) 2014-2017 治験関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.